小林斎場

納骨棺の上に建てる石でつくられた墓標を「石碑」という。
現在、使われている石碑の形式は大きく分けて「和型」「洋型」「その他」に分類できる。

【和型】

和型 墓石
とれには、さらにいくつかの形がある。
角石塔型・現在、もっともポピュラーな形だ。文字を刻む「樟石」と「上台石」(中石)「下台
石」の二段の台石からなる
しんとう
角柱型・・台石は一段で、角石塔型よりはるかに長い悼石を立てる。「神道型」ともよぶ
いほい
位牌型:樟石を位牌に似せて形どったもの
いたび
板牌型:::樟石を薄い板状にして、台石の上に乗せたもの
駒型::::板牌型の一種。将棋の駒に似ている
ついたて
幅広型;::樟石の幅が高さより長く、衝立形のもの

 

【洋型】

台石は一段で、下部が上部より厚い板状の悼石をのせた幅広の形が一般的である。

【その他の型】

ほうきょういんとうどりんとうむほうとうらんとう
多宝塔、宝僅印塔、五輪塔、無縫塔(卵塔)などである。

その他、自然石型、石仏型、最近では記念碑的な墓やモダンアート的な墓などもある。
石碑の材質は、花闘岩(御影石)、安山岩、斑糟岩などが用いられている。
石碑の正面には、個人墓の場合は戒名などを彫るが、家族墓の場合は「OO家之墓」「OO家先祖代々之墓」、合杷墓の場合は「倶会一処」「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」「南無釈迦牟尼仏」などと彫る。
-なかには「寂」「夢」「愛」「和」などの一文字を彫っているものもある。
・墓碑銘|故人の業績を讃えて刻む句墓碑に故人の経歴を彫り込むことがあり、それを「墓碑銘」とよんでいる。
中国において、以前はよく行われた習慣で、その影響であろう。
内容は故人の戒名や法名、生年・没年、経歴、業績・などを刻む。
しかし、そのさい、遺族が業績などを書くのでは・なく、誰か別の人に頼み、その書いた人の名前も記すならわしとなっている。
・墓誌L埋葬された人の記録かいみようぞ〈みようきょうねん個人墓の場合は、当然墓碑に故人の戒名、俗名、没年、享年(年齢)などを刻み込むが、。

ピうしとうほうむさおいし家之墓という「合把塔」になると、新しい葬りのたびに樟石を取りはずしたり、あるいは書ききれ・なくなるため、墓碑とは別に、葬った順に故人の記録を刻む「墓誌」を建てるようになった。
個人墓の場合でも、個人の業績や残した作品を記すために建てるとともある。

墓誌の石質はほとんどが御影石であるが、文字がはっきり読めて最適だからであろう。
最近では、子供の数が少・なくなってきているため、一人息子と一人娘とが結婚する場合も増えてきている。
そういうときには、「両家の墓」と墓誌に刻むとともある。
上手な墓誌活用の一つだろう。
寵|l風雅な献灯の設備灯明を安置するための寵のととである。
インドにおいても、竹や瓦でつくったらしい。
わが国ではもっぱら神仏に対する献灯用としてつくられている。
墓地では石碑の少し手前両側に建てるが、和型石碑で、墓地面積の大きくない場合は、「雪見灯龍」(高さが低く、笠が大きく広がった一一一本脚の石灯筒)を使うととが多い。
余裕のある場合には、「春日灯龍」(高さがあり、笠は大きくない。
灯火をともす部分が六角または四角になっている)などが使用されるようだ。
・納骨棺||墓の下の遺骨を納める空間石碑の下には、遺骨を納める「納骨棺」をつくる。
「納骨室」とか「カロート」ともいう。
納骨棺はふつう地下につくられ、石碑の台石よって閉じられているタイプがほとんどだが、まれに、石碑の一番下の台を空洞にして納骨棺にした地上式のものも見られる。

戦前までは土葬も多く行われていたが、戦後は衛生的な見地から火葬が推奨され、その遺骨を墓に埋葬するようになった。
それも当初は、遺骨を骨査に入れ、地中にじかに埋めるのが一般的であった。
それが、一人一基の単独墓から合間基が多くなってくるとともに、一つの墓石の下に何人もの遺骨を埋め、なければなら・なくなり、そこ で考えられたのが納骨棺である。
納骨のしかたは、地域によって異なっている。
骨董のまま納めたり、遺骨を骨壷から出して晒の布に包んで納めたり、あるいは遺骨をじかに入れるところもある。
納骨棺は地中につくられるので、雨水が侵入したり、湿気で水がたまりやすい。
また、骨灰は水分を吸いやすいカルシウム分が多いので、骨壷のなかにも水がたまりやすい。
それを防ぐために納骨棺の底に水ぬき穴をあけるとか、底の一部を土のままにしておく工夫がなされている。
しかし、仏教的には、故人の霊が骨にくっついて墓の下にいる・などというととはありえ・ないととだし、遺骨をいつまでも保存しようとするととには首をかしげざるをえない。
遺骨を骨査に入れたまま納骨棺に納める方法では、故人が増えるにしたがって、すぐいっぱいになってしまい、また新しい墓が必要に・なる。
墓石業者にとってはたいへん結構な話かもしれないが、狭い日本のどこに、これ以上、墓地を増やす必要があるのか。
骨は早く土に帰してあげるほうが、むしろ仏教の教えに近いと思うのだが。

 

小林斎場